Hometown Museum Vol.10 [標茶町郷土館]

  • 2015.10.20 Tuesday
  • 11:00


いつもScene北海道をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます楽しい

今回はScene北海道 Vol.16 冬号にてご紹介をさせていただいております
「標茶町郷土館です拍手

 

釧路湿原国立公園内にある唯一の博物館施設。
建物は明治時代の歴史的建造物である北海道集治監釧路分監本館(刑務所の一種)で、
雄大な自然環境の中に建つ白亜の洋風建築とのコントラストを楽しむことができます。

館外には付帯施設である塘路旧駅逓(※見学は10月31日迄となります)の他、
遊歩道も整備されており、近隣して塘路湖エコミュージアムセンターもあることから、
道東内陸部の歴史を学べる他に湿原を主体とした自然を体感することができまするんるん

 
〈おすすめの展示資料の一部ご紹介〉



「昆虫展示室」
塘路地域は湿原と湖沼に囲まれた自然豊かな地域で、多種多様な昆虫を観察する事ができます。
本館ではこの地に生息する昆虫標本3,500点余りを展示
標茶在住の昆虫研究者飯島一雄が収集した膨大なコレクションの一部であり、
“飯島コレクション”と呼ばれています。
道東地方ではすでに絶滅した昆虫も含まれており、大変希少性の高いコレクションですぴかぴか


標茶町の魅力をご紹介〉
標茶町は北に阿寒国立公園南に釧路湿原国立公園を抱えた豊かな自然環境を持つ町。
“標茶”はアイヌ語で“大川のほとり”の意で、市街中央には釧路川がゆったりと流れていますぴかぴか

 

標茶町南部の塘路地域には釧路湿原塘路湖シラルトロ沼を主体とした湖沼が広がり、
サルボ展望台をはじめとした3つの展望台が設置され、湿原の広がりを俯瞰する事ができます。

また標茶町北部の上多和地域には360度の景色を楽しむことのできる多和平があり、
無数の星々の瞬き星を楽しみながら、キャンプをすることができます。
キャンプの際には、標茶ブランドの「星空の黒牛」「釧路湿原ジンギスカン」で舌鼓を打つのもお勧めですディナー

郷土館と合わせて“屋根のない博物館”と言われる標茶の自然を堪能してみてはいかがでしょうか?


-------------------------------------------------------------------------------------------




標茶町郷土館
〒088-2261 北海道川上郡標茶町字塘路1番
TEL.015-487-2332
FAX.015-487-2364
開館時間/9:30〜16:30
休館日/年末年始(12月30日〜1月5日)以外は無休
入館料/無料
http://www.town.shibecha.hokkaido.jp/~kyodokan/top1/

付帯施設塘路旧駅逓
開館時間/9:30〜16:30(10月31日迄。見学は無料。)

写真・情報提供/標茶町郷土館

-------------------------------------------------------------------------------------------
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM