〈HometownMuseum特別編〉 7月15日 本別空襲を伝える〜昭和史から見る戦後70年〜

  • 2015.07.08 Wednesday
  • 00:00




いつもScene北海道をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます

今回は特別編として
Scene北海道 Vol.12 感謝号でご紹介をさせていただきました
本別町歴史民俗資料館
にて開催される特別企画展
「7月15日本別空襲を伝える〜昭和史から見る戦後70年〜」
についてご紹介します




1945年7月15日。
本別町は
十勝地方で最大、北海道でも5番目に大きな空襲被害を受け、
40人の尊い命が失われました。

この本別空襲の事実を忘れることなく、
戦争の悲惨さと平和の大切さを後世に伝え残す​ため
本別町歴史民俗資料館では

7月から8月の間で毎年特別企画展を開催しております。(昨年の特別企画展はこちら

期間中、1階では特別展示「ヒロシマ・ナガサキ・アンド・ピース」の展示をします。

北海道では札幌市に次いで2番目の開催となる特別展示で

広島平和記念資料館から被爆した衣類・生活用具など20点を借用し
写真パネルとともにご紹介します。


2階では本別空襲の資料展となる「7月15日本別空襲」と、
「昭和史かるた原画展」の展示をします。
昭和のできごとをいろは順・年代順にかるたにした
「昭和史かるた」(末利光氏考案)の原画をみることができます。

70年という時間の中で

戦争の時代とよばれる激動の昭和も終わり、
戦争の事実は過去の歴史へと変わりつつあります。

戦後70年の節目を迎えるにあたり
過去を振り返り、
戦争がもたらした多くの悲劇を問い直し、
戦争の悲惨さを後世に伝え、平和を未来へとつないでいきたい
そんな想いを込められた今回の特別企画展です。

また、常設展示コーナー
「空襲の爪跡」では
当時の銃弾痕が残る壁の一部や写真資料などを展示しています。
ぜひ特別展示と常設展示を合わせてご覧ください。



7月15日には「戦後70年平和のつどい」として
講談や詩の朗読などのイベントを開催します。


みなさまお誘い合わせの上、ぜひ訪れてみてください。


 

-------------------------------------------------------------------------------------------




本別町歴史民俗資料館
特別展「7月15日本別空襲を伝える〜昭和史から見る戦後70年〜」

 〒089-3391 中川郡本別町北2丁目4-2
 TEL.0156-22-5112(図書館)

 特別展開催期間/7月10日(金)〜8月16日(日)
 開館時間/火〜金 9:00〜17:00(入館は16:30まで)、
土・日 9:00〜15:00(入館は14:30まで)

 休館日/月曜日
 入館料/一般 100円(150円)、
小中高生・高齢者・障がいのある方50円(100円)※( )町外の方

 主催/本別町・本別町教育委員会


※通常の開館時間・休館日・特別展示入館料についてはホームページをご覧ください。

 ホームページ/http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp


関連事業「戦後70年平和のつどい」​


 開催日時/7月15日(水)18:30〜20:00
 中川郡​本別町北1丁目 本別町中央公民館

 TEL.0156-22-5111
 イベント内容/講談「ヒロシマ・ナガサキ・アンド・ピース」出演:真打ち 神田甲陽氏
詩の朗読「生ましめんかな」ほか 出演:本別町図書館ボランティアぶっくる
合唱「折鶴のとぶ日」ほか 出演:本別混声合唱団
※入場無料

写真・情報提供/本別町歴史民俗資料館


-------------------------------------------------------------------------------------------

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM