北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2016.11.18 Friday
  • 12:00

【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、スマイルズから紹介を受けた「ポンポちゃん」たぬきの奮闘により
田植えを終えた羽一粒の天使羽” もみ市でございます。
着々と歩みを続ける稲作の進展はいかに!?

 

 

「さぁ!絶好の配達日和。お届け物はたくさん!

今日雲ひとつ見エンジョイトンボ

 

この地域の配達員「ジョイちゃん」

お手紙や荷物も大切に運んでくれます。

 

 

「編集事業部さん、お届けものです。トンボ

「ジョイちゃんありがとう!笑顔

 

どうやら編集事業部に届け物を運んでいる様です。

 

「そうだ、今日は久しぶりに

もみ市さんのところに寄ってみよう・・・・!!トンボ

 

 

「!!??っこんな高さの木は、この辺にはありエンジョイ!?トンボ

 

「いやぁ〜、ジョイさん。お疲れ様です。手

 

 

「おぉ、もみ市さんの稲だったの?

あの小さかった稲がこんなに大きくなるとは思エンジョイ

すごい!すごい!トンボ

 

 

配達中の「ジョイちゃん」

畑作に精を出すもみ市を初めてみかけたのは

稲が出芽して間もない頃。

 

 

そして前にもみ市のもとに立ち寄ったのは

田植えを終え、もみ市が稲を見守っていた時でした。

 

 

「思いのほか順調に育ち、(ほ)稲っとしております笑顔

 

「本当に見違えて大きく、それによく見たら稲の本数も・・・

まっまさか!!?不正・・トンボ

 

なっ!何をおっしゃいます!! 分蘖ですよ、ぶ・ん・け・つびっくり

 

「ぶ ん け つ ? トンボ

 

 

「稲の根元から新しい芽が出て増える事です。

この時に追肥といって稲の栄養分を足してあげるんです。」

 

                ▼

 

「そうする事で1本ではか弱くても、分蘖で得た仲間とともに成長し

多くの穂を実らせ、次に繋げていく。」

 

「育てているつもりが、稲作から学び、私も成長する出来事がたくさんあります。」

 

「なるほど。 トンボ

 

「そろそろ穂が出て、そして花が咲き、収穫へと続いて・・・顔

 

 

「ああっっっ!!」

 

 

 

 

「????」

 

 

 

 

「どうなさいました?」

 

 

慌ててジョイちゃんの元へ向かうもみ市

 

 

汗

 

 

 

汗

 

 

 

汗

 

 

 

汗

 

 

 

「穂っ!!稲

「穂っ!!稲

 

 

(ほ)稲〜!! また一つ成長したんですね。

さぁ此処からがさらに大変になって(まい)ります!

開花を合図に水の抜き入れが大事になって(まい)りますから!」

 

 

「もみ市さん、稲作をエンジョイしてるね。

大変そうな顔に見エンジョイトンボ

 

「仲間と成長か・・・。じゃ、そろそろ行くね。

僕ももみ市さんを見習って仕事をエンジョイ!!

またね!手トンボ

 

「お気をつけて手

 

 

「あれ、もみ市さん、ジョイちゃんもう帰っちゃったんですか?

僕らの出番は・・・・」

 

続く…。

 

〈予告〉
ついに穂がでた急転直下の物語。

稲作も後半戦へと差し掛かり

“もみ市”の物語も残すはあと2話

回を増すごとに出番の減る編集事業部は一体どうなる!!

 

 

次回“嘱目(しょくもく)お楽しみに!

「稲の開花を見られるのは午前中のわずかな時間のようですよ」ニヤリキラリ

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM