北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2016.03.30 Wednesday
  • 12:00


【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、新たな友「カモンちゃん」カモとの出会いにより
無事に芽出しを終えた羽一粒の天使羽” もみ市でございます。
新たなステージ“苗づくり”へと向かう私の目前には何と!?


「ありますよ。土。笑顔



編集事業部の言葉に驚きを隠せないもみ市

「驚きすぎですよ、もみ市さん
顔怖いし。
困り顔

「驚かずにいられますか!!
芽出しの際には、己の無力さに打ちひしがれていた皆様が
この様に見事な段取りで苗作りのステージ
用意されておりましたとは□※○△♢×♩♡◎☆・・・・・
驚き

打ちひしがれてませんでしたけど・・・顔

そんな彼らのやり取りを聞きつけたのか
少し離れたところから声が聞こえてきました。

れくで良たぬき



「あっポンポちゃん!!
こんなに立派な畑を用意してもらってありがとう。
もみ市さんもとっても喜んでるよ!
笑顔

ただ一人状況が飲み込めないもみ市

もみ市さんポンポちゃんと会うの初めてでしたね。」

「我々と一緒に北海道の魅力を伝える活動をしている
スマイルズってご存知ですか?
?

(た)しかカモンさん「おともだち」の方達だったでしょうか・・・ひらめき
指詳しくはコチラをご覧ください。



「そうです、そうです。
そのスマイルズからポンポちゃんが土に詳しいって
紹介してもらったんですよ。
笑顔

「森や山で多くの土と出会うっ
元気な土がわかるようになるっ
たぬき



(ほ)おぉ稲、環境が人を育てると聞いたことがありますが。
それにしても素晴らしいステージです。
ありがとうございます、
礼ポンポさ・・・ん
ということは皆様は今回も何もなされて・・・
じー


「よっ容器ですよっ!!、容器ビシっとね〜、と。汗


・・・・・・・

「兎にも角にも、ポンポさんのおかげで準備万端です。
では(まい)りましょう!!
グー

ザクッ、ザクッ。

「ボクも植えていいったぬき

「ええ、そこにお願いします。顔



ポンポちゃんの協力もあって
苗づくりの準備は終了。

「後は10cm(ほ)稲どまで成長するのを待って
いよいよ田植えですね。
ニヤ

「稲作おもしろいっ
今度ボクもやってみる!!
たぬき

「ポンポちゃん今日は本当にありがとぉ!!バイバイ


やっと稲作ドキュメンタリーらしく?なってきたこのお話。
もみ市一行の次なる挑戦とは・・・。







「そういえば、気づいてました?もみ市さん手







「何がですか?はてな







ポンポちゃんのセリフ、“た”が入ってなかったんですよ。たぬき







「・・・はっ









続く…。

〈予告〉
さぁ遂に舞台は稲作ロマン広がる水田へ!!
このペースで本当に収穫までたどり着けるのか!!?
そして次なる出会いとは??!!

次回“伸暢(しんちょう)お楽しみに!
「お米の単位でよく使う“合”は約150gですよ」ニヤリキラリ

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM