北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2017.05.22 Monday
  • 12:00

【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、「アララちゃん」アザラシとの出会い

そして、別れを経験し
稲と共にまた一つ成長した

羽一粒の天使羽” もみ市でございます。

さぁ、遂にこの日を迎えました!

この物語の結末はいかに!!

 

 

 

 

「どうしてホロ・・・・」フクロウ

 

 

 

 

 

「どうして、こんなことにホロ・・・・」フクロウ

 

 

 

 

 

「あんなに頑張っていたホロ・・・・」フクロウ

 

 

 

 

 

「まだ収穫もしていないホロ・・・・」フクロウ

 

 

 

 

 

「だのに、だのにホロ・・・・」フクロウ

 

 

 

 

「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

もみ様〜死なないで〜〜!!!」フクロウ

 

「穂(ホ)ウァ!!?」稲

 

 

「これは、これは ほろろさん。」

 

ホロ??」フクロウ

 

「お〜! 申し訳ございません。

はしたない所をお見せしてし(まい)米ました」

 

「大丈夫なのホロ??」

 

「ついつい、気になって泊まり込んでし(まい)米ましたが、

無事にこの日を迎えられました!」

 

 

 

 

「おはようございます、もみ市さん。ほろろちゃんも!

遂にこの日を迎えられましたね!」

 

「おはようございますホロ!」フクロウ

 

「おはようございます!編集事業部の皆さん!!

ええ。実に晴れやかな日でございます。」

 

編集事業部の皆さんをはじめ、

今までに出会い、お手伝いいただいた、

 

カモンさん、

 

 

ポンポさん、

 

 

ジョイさん、

 

 

アララさん、

 

 

ほろろさん、

 

 

皆さんのお力あってこそ。」

 

 

もみ市さん・・・」顔

 

「あたしは何もホロフクロウ

 

「いえいえ。

途中折れかけた私の心も

ほろろさんが

共に稲を見守り続けていただいたからこそ

ここまでこられたのです。」

 

 

 

 

 

もみ様ホロ・・・」フクロウハート

 

 

「申し訳ございません。

すっかり湿っぽくなってし(まい)米ました。」

 

「さぁ、始めるとしましょう!!」

 

「ええ!準備はできてますよ、もみ市さん!

稲の根元も糸でまとてめます!」笑顔
 

 

 

「バキッと行きますよ、バキ〜ッと!!」

 

もみ様頑張ってホロ!!」フクロウ

 

 

 

ウォリャ〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ!!顔

 

ホロロ〜!!」フクロウ

 

 

「ふぅ〜、後は1週間程干して乾かすと精米にかかれますよ。」

 

「やった〜!!

遂にお米ができたんですね!」

 

怒こっのバカチンが!!

 

乾燥終わるまでが

 

稲作でしょうが!!」

※稲作の終わりに関しては個人の主観です。

 

 

「先生ぇ〜!!」

 

 

「しかし、無事怪我なく稲刈りを終え

ここまでたどり着いて(まい)米りました。」

 

 

 

「私はこの日を迎えるにあたり

心に決めた事がございます。」

 

 

 

もみ様、どうしたホロ?・・・」フクロウ

 

 

 

「私は此度の稲作で

己の未熟さを知り、更なる学び得る必要がある事を

痛感いたしました。」

 

 

 

 

「という事で」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「旅にでます。」

 

 

 

 

 

 

 

「早っ!!」顔

「早っ!!」フクロウ

 

 

 

「今の編集事業部の皆さんであれば

この後の乾燥も何も心配いりません。

ほろろさんもいらっしゃいますし。」

 

「それに私は流浪の身。

また皆さんの様な方々との出会いを求めて(まい)米ります。」

 

 

「・・・」

 

 

「わかりました、もみ市さん!

寂しくなりますが、我々は止めません!!」

 

 

「これからも、もみ市さんの稲作への想い

 

米道”(マイウェイ)を

 

突き進んでください!!」顔

 

 

もみ様、あたしも応援するホロ〜!!」フクロウ

 

 

 

 

「・・・・・・」

 

 

 

 

「いや、まぁ〜、そうなんですけども・・・

何かもうちょっと〜、

来年も一緒にやりましょうとか〜

ここに残ってくださいとか〜

行かないで〜とか〜

 

確かに〜

私が言い出した事ですけど〜

もうちょっと、こう、ね〜

あってもいいんじゃないかな〜って思ってるじゃないですか〜

こっちとしては〜

いや〜、分かりますよ〜

皆さんのお気持ち〜

作者も原稿あげてこないは〜

ナンダカンダでなかなか更新しないは〜

結局、稲作開始から2年がかりになってるは〜

 

でもね〜

話のクライマックスじゃないですか〜

もうちょっとね〜

何かあってもね〜

いいと思うんだけどな〜

タイトルに掛けていい事言った〜みたいな感じになってますけど〜」

 

 

 

えっ? 何か言いました。もみ市さん。」

 

「へっ!!?

いえいえ。」

 

 

 

 

「では、またいつか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の道と皆さんの道がつながる事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しみに行って(まい)米ります。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「むっ!むけた!!」

「むっ!むけた!!」

 

 

 

 

 

こうして

 

もみ市と編集事業部の稲作は

 

終わりを迎えました。

 

 

 

 

もみ市が旅立った後

 

干し終えた稲は

 

短く切り揃え

 

稲作に使用した瓶に

 

保管される事になりました。

 

 

 

 

またいつか、

 

もみ市と稲をそだてるために・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御仕米(おしまい)。稲

 

北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2017.04.24 Monday
  • 12:00

【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、「ジョイちゃん」トンボと共に
稲の成長を目の当たりにした

羽一粒の天使羽” もみ市でございます。
稲作もついに佳境へと向かう中

突如として目の前に現れたのは一体!?

 

 

 

「はぁ〜」

 

 

 

 

「はぁ〜」

 

 

 

 

「はぁ〜」

 

 

 

 

 

 

「はぁ〜、かわゆ(いね)〜稲

 

「もみ市さん、また咲きましたね笑顔

 

「はぁ〜、実にかわゆ(いね)〜稲

わずかな時間しか咲かない、白く、小さく、可憐な花達花

 

 

 

午前中のわずかな時間にしか咲かない稲の花を

編集事業部の面々と眺めるのが

日課となっていたもみ市

 

「この花達も見れなくなると思うと寂しい半面、

さらなる成長へと続いていくと思うと、複雑な心境でおります。」

 

 

「もみ市さん・・・顔

 

 

 

「さぁさぁ、今日は“水抜きの日”です!

皆さん頑張って(まい)米りましょう!!」

 

 

と言うと、颯爽と降りていくもみ市

 

 

ササササササッ急ぐ

 

 

ササササササッ急ぐ

 

 

ササササササッ急ぐ

 

 

「早い部分は穂も大分出て頭を下げ初めてきております。

後一月もすれば、色づき、丸々と実った穂へと姿を変えていく・・・」

 

 

 

「そうそう。」顔

 

「こう色づいてね・・・」顔

 

 

 

「こんなに丸々とね・・・・」顔

 

 

 

 

 

「大きく育って・・・・・」顔

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「!!?」顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんさ、コレ!!!!!!!」

 

 

 

 

 

ラシ〜・・・」アザラシ

 

 

 

「はぐれたラシ〜・・・」アザラシ

 

 

 

「見事にはぐれたラシ〜・・・」アザラシ

 

 

なんと、稲の側には迷子が。

 

 

どっ!どうしたんですか?もみ市さん。大声出して??」

 

「穂が迷って、丸々大きな茶いろ色に□※○△♢×♩♡◎☆・・・・・」

 

 

 

「??

キミどうしたんだい?お名前は?

 

「おいら、アララって言うラシ

友達とはぐれてしまったラシ〜。」アザラシ

 

「ら゛ら゛ぁ〜 困ったラシ、ら゛ら゛ぁ〜」アザラシ

 

「迷いアザラシですね。

調べて来ますから、もみ市さんちょっとお願いしますね。」

 

 

「お友達とはぐれてし(まい)米さぞ心細い事でしょう。

なぁに、心配なさいますな。

私、“もみ市”と“編集事業部の皆さん”が付いております。」

 

「ここで出会ったのも何かの縁でしょう。

お友達が(まい)米られるまでの間、

私の稲作をご覧いただくというのは?」

 

「稲作?お米をつくってるラシ?」アザラシ

 

「はい!我らが父“中村久蔵”が稲作に成功した際に育てていた

赤毛種”というお米をですね・・・」

 

「おいらもお米を作りたいラシ!!!」アザラシ

 

(ほ)〜稲ぉぉ!

そうですか、そうですか。」

 

 

「ちょうど稲の“水抜き”を行うところでしたので

お手伝いいただけますか?」

 

もみ市さん、どうしてお水を抜くラシ

 

お水がないと稲がかれてしまわないラシ?」アザラシ

 

「このように定期的に水の量を調整する事で

土の中の“”が空気を吸って大きく育つのですよ。

水を入れたり抜いたりを2・3日ごとに繰り返して

稲に新鮮な空気と水をあげるわけです。」

 

もみ市アララちゃんが水抜きをしていると

遠くの方から声が聞こえてきました。

 

「おーい!アララ〜!!」アザラシ

「アララ〜!どこ〜?」アザラシ

 

 

「おや?池の方から何か聞こえますね?」

 

「あっ、本当ラシ!アザラシ

 

「ちょっと池の方に行って見ましょうか?」

 

もみ市アララちゃんが池に近くにつれて

声がはっきりと聞こえてきました。

 

「おーい!アララ〜!!」アザラシ

 

 

「アララ〜!どこ〜?」アザラシ

 

 

「おーい!!」アザラシ

 

 

「アララ〜!?」アザラシ

 

 

 

 

「わぁっ!みんなラシ〜」アザラシ

 

(ほ)ぉぉ〜稲 お友達の皆さんでしたか!!

皆さんに出会えてよかったですね!!」

 

「ありがとうラシ!もみ市さん!アザラシ

 

「いえいえ。私はなにも。」

 

 

 

 

「もみ市さん。わかりましたよ〜!!

迷子のアザラシはですね〜・・・・

アレ?

アザラシがいっぱい??!」

 

 

「皆さん本当にありがとうラシ!

今度はみんなと遊びに来るラシ!アザラシ手

 

「是非ともお越しください!!」手


「気を付けて帰ってね。」手

 

 

こうして無事にお友達との再会を果たしたアララちゃん

帰路へとつきました。

 

「しかし、一時の出会いではありましたが

別れというものは何時になっても・・・」

 

 

「そして、もう時期・・・」

 

 

 

 

「?

どうしました、もみ市さん?」

 

 

 

「いえいえ。

さぁっ!!稲作も終盤です。

皆さん張り切って(まい)米ラシ!!」

 

「うつってますよ。」

 

 

 

続く…。

 

〈予告〉

気づけば連載開始から約1年9ヶ月。

やっと

惜しまれながらも

最後の歩みを進める“もみ市”の物語。

最後に待ち受けるのは栄光挫折か!!

 

 

次回最終話 御仕米 お楽しみに!
「日本人のお米消費量は最も多い時から半分以下になっているらしいですよ」ニヤリキラリ

 

北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2016.11.18 Friday
  • 12:00

【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、スマイルズから紹介を受けた「ポンポちゃん」たぬきの奮闘により
田植えを終えた羽一粒の天使羽” もみ市でございます。
着々と歩みを続ける稲作の進展はいかに!?

 

 

「さぁ!絶好の配達日和。お届け物はたくさん!

今日雲ひとつ見エンジョイトンボ

 

この地域の配達員「ジョイちゃん」

お手紙や荷物も大切に運んでくれます。

 

 

「編集事業部さん、お届けものです。トンボ

「ジョイちゃんありがとう!笑顔

 

どうやら編集事業部に届け物を運んでいる様です。

 

「そうだ、今日は久しぶりに

もみ市さんのところに寄ってみよう・・・・!!トンボ

 

 

「!!??っこんな高さの木は、この辺にはありエンジョイ!?トンボ

 

「いやぁ〜、ジョイさん。お疲れ様です。手

 

 

「おぉ、もみ市さんの稲だったの?

あの小さかった稲がこんなに大きくなるとは思エンジョイ

すごい!すごい!トンボ

 

 

配達中の「ジョイちゃん」

畑作に精を出すもみ市を初めてみかけたのは

稲が出芽して間もない頃。

 

 

そして前にもみ市のもとに立ち寄ったのは

田植えを終え、もみ市が稲を見守っていた時でした。

 

 

「思いのほか順調に育ち、(ほ)稲っとしております笑顔

 

「本当に見違えて大きく、それによく見たら稲の本数も・・・

まっまさか!!?不正・・トンボ

 

なっ!何をおっしゃいます!! 分蘖ですよ、ぶ・ん・け・つびっくり

 

「ぶ ん け つ ? トンボ

 

 

「稲の根元から新しい芽が出て増える事です。

この時に追肥といって稲の栄養分を足してあげるんです。」

 

                ▼

 

「そうする事で1本ではか弱くても、分蘖で得た仲間とともに成長し

多くの穂を実らせ、次に繋げていく。」

 

「育てているつもりが、稲作から学び、私も成長する出来事がたくさんあります。」

 

「なるほど。 トンボ

 

「そろそろ穂が出て、そして花が咲き、収穫へと続いて・・・顔

 

 

「ああっっっ!!」

 

 

 

 

「????」

 

 

 

 

「どうなさいました?」

 

 

慌ててジョイちゃんの元へ向かうもみ市

 

 

汗

 

 

 

汗

 

 

 

汗

 

 

 

汗

 

 

 

「穂っ!!稲

「穂っ!!稲

 

 

(ほ)稲〜!! また一つ成長したんですね。

さぁ此処からがさらに大変になって(まい)ります!

開花を合図に水の抜き入れが大事になって(まい)りますから!」

 

 

「もみ市さん、稲作をエンジョイしてるね。

大変そうな顔に見エンジョイトンボ

 

「仲間と成長か・・・。じゃ、そろそろ行くね。

僕ももみ市さんを見習って仕事をエンジョイ!!

またね!手トンボ

 

「お気をつけて手

 

 

「あれ、もみ市さん、ジョイちゃんもう帰っちゃったんですか?

僕らの出番は・・・・」

 

続く…。

 

〈予告〉
ついに穂がでた急転直下の物語。

稲作も後半戦へと差し掛かり

“もみ市”の物語も残すはあと2話

回を増すごとに出番の減る編集事業部は一体どうなる!!

 

 

次回“嘱目(しょくもく)お楽しみに!

「稲の開花を見られるのは午前中のわずかな時間のようですよ」ニヤリキラリ

 

北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2016.03.30 Wednesday
  • 12:00


【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、新たな友「カモンちゃん」カモとの出会いにより
無事に芽出しを終えた羽一粒の天使羽” もみ市でございます。
新たなステージ“苗づくり”へと向かう私の目前には何と!?


「ありますよ。土。笑顔



編集事業部の言葉に驚きを隠せないもみ市

「驚きすぎですよ、もみ市さん
顔怖いし。
困り顔

「驚かずにいられますか!!
芽出しの際には、己の無力さに打ちひしがれていた皆様が
この様に見事な段取りで苗作りのステージ
用意されておりましたとは□※○△♢×♩♡◎☆・・・・・
驚き

打ちひしがれてませんでしたけど・・・顔

そんな彼らのやり取りを聞きつけたのか
少し離れたところから声が聞こえてきました。

れくで良たぬき



「あっポンポちゃん!!
こんなに立派な畑を用意してもらってありがとう。
もみ市さんもとっても喜んでるよ!
笑顔

ただ一人状況が飲み込めないもみ市

もみ市さんポンポちゃんと会うの初めてでしたね。」

「我々と一緒に北海道の魅力を伝える活動をしている
スマイルズってご存知ですか?
?

(た)しかカモンさん「おともだち」の方達だったでしょうか・・・ひらめき
指詳しくはコチラをご覧ください。



「そうです、そうです。
そのスマイルズからポンポちゃんが土に詳しいって
紹介してもらったんですよ。
笑顔

「森や山で多くの土と出会うっ
元気な土がわかるようになるっ
たぬき



(ほ)おぉ稲、環境が人を育てると聞いたことがありますが。
それにしても素晴らしいステージです。
ありがとうございます、
礼ポンポさ・・・ん
ということは皆様は今回も何もなされて・・・
じー


「よっ容器ですよっ!!、容器ビシっとね〜、と。汗


・・・・・・・

「兎にも角にも、ポンポさんのおかげで準備万端です。
では(まい)りましょう!!
グー

ザクッ、ザクッ。

「ボクも植えていいったぬき

「ええ、そこにお願いします。顔



ポンポちゃんの協力もあって
苗づくりの準備は終了。

「後は10cm(ほ)稲どまで成長するのを待って
いよいよ田植えですね。
ニヤ

「稲作おもしろいっ
今度ボクもやってみる!!
たぬき

「ポンポちゃん今日は本当にありがとぉ!!バイバイ


やっと稲作ドキュメンタリーらしく?なってきたこのお話。
もみ市一行の次なる挑戦とは・・・。







「そういえば、気づいてました?もみ市さん手







「何がですか?はてな







ポンポちゃんのセリフ、“た”が入ってなかったんですよ。たぬき







「・・・はっ









続く…。

〈予告〉
さぁ遂に舞台は稲作ロマン広がる水田へ!!
このペースで本当に収穫までたどり着けるのか!!?
そして次なる出会いとは??!!

次回“伸暢(しんちょう)お楽しみに!
「お米の単位でよく使う“合”は約150gですよ」ニヤリキラリ

 

北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2015.12.25 Friday
  • 12:00


【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、故郷を思わせるこの地に惚れ
稲作を始める決意をした
人呼んで羽一粒の天使羽” もみ市でございます。
その私に降りかかる困難とは一体?!


「いやぁ〜、皆様。大変ご無沙汰しておりました。
巷では、私がバカンス
太陽を楽しんでいるとか、
実は途中で失敗
悲しいしてるんじゃないか、
はたまた作者が急病
風邪で原稿が遅れたなど
様々な噂が溢れているようですが・・・」






「皆様、ご安心を。





私は、





元気です。
笑顔








「えっ?!
やっぱりバカンスじゃないかですって?」

「まあまあ、皆様、落ち着いてくださいな。
仕事中ですよ。仕事中。」



(ほ)ぉらね稲





「おはようございます、もみ市さん。
おっ!随分と芽が出てきましたね。」


編集事業部の面々が出社してきたようです。

「いやぁ、おかげさまで。
カモンさんのお力添えがありましたからね。
プールまでお借りして」


「こんなに近くでお米を育てるところを初めてみたから
こっちガァありガァとうですカモ




「この地でこんなに早くと呼べる出会いがあるとは。
やはり応援してくれる“おともだち”がいると心強いですね。
(ほ)っとします。
顔

「我々もいるんですが・・・悲しい



ここで【information】-------------------------------------------------
2016年2月1日(月)まで
あなたのまち、または北海道の四季の魅力をイメージした
北海道応援キャラクターを募集中!
指詳しくはコチラをご覧ください。

カモンちゃんは「春の部」のおともだち認定キャラクターです。

では本編に戻りまして---------------------------------------------------



前回の散策後、
もみを芽出しするための場所を探していたところ
偶然にも北海道に帰ってきた「カモンちゃん」にバッタリ。



以前から合鴨農法に興味を持っていた2人はあっというまに意気投合。
そして今に至るのです。

「その節は本当に助かりました。
ここでは稲作に適した場所の確保が難しいのです。
本当に(まい)ました
困る

「まぁ、会社ですからね・・・顔

「お役に立てて良ガァッたですカモ


すると突然キョロキョロと周りを見渡しはじめたもみ市


「次は苗作りですが、どこかに土を入れられる所は・・・」

「ありますよ。」




続く…。

〈予告〉
突然あらわれた土入りの容器!
会社に何故こんなものが?!
そして“もみ市”がとった行動とは??!!

次回“開展(かいてん)お楽しみに!
「お米には賞味期限が表示されていませんが、
早めに食べたほうが美味しいそうですよ」
ニヤリキラリ



 

北海道稲作の夜明を感じる。

  • 2015.09.03 Thursday
  • 12:00

【あらすじ】
「米道ー(まいどー)」
前回、故郷「北広島市」から異郷の地へと突然舞い降りた
人呼んで羽一粒の天使羽” もみ市でございます。
果たしてそんな私が目にした世界地球とは・・・


突然の登場に、編集事業部の面々は口を開けたまま彼をじっと見続けたびっくり
その様子を知ってか知らずか、もみ市はまくし立てる急ぐ様に話しを続ける。

「申し訳ございません。こちらでは稲作は盛んでしょうか?
水質は?の状態は?暖かいですか?寒いですか?□※○△♢×♩♡◎☆・・・・・」




そんな彼をなだめる様に

「んー・・・しかし、編集事業部お米を作った事がないからね・・・考える

編集事業部? 地名?
・・・そうでしたか。そういう事だと俄然燃えてまいりますね。
めらめら

「???

「かつて私達の父“中山 久蔵”は、
稲作が不可能といわれた北の地で、果敢に挑んで参りました。
ですから私もこの困難に立ち向かい、この地に黄金色の稲穂を
稲稲稲稲・・・」

「作るんですか? お米米

「はい。生業ですから。笑顔

と、答えるとすぐに辺りを調べ始める“もみ市”



(ほ)ぉ〜稲、これがパーソナルコンピュータなるものですか。」



(ほ)ぉ〜稲、これはこれはですか。
何とも心休まる。 憩の庭といった所ですね。
笑顔

〈憩の庭の様子は下記アドレスよりご覧いただけます〉
指 http://www.bodoni-inc.com/ikoi.html



(ほ)ぉ〜稲故郷に残してきた鯉達を思いだします。」


※鯉の種類は上から・紅白・丹頂紅白・プラチナ

「ここは故郷を思わせる最良場所! さぁ、早速始めましょう!」

「本当に作るんですね、お米・・・。
・・・。
・・・。
・・・。
もみ市さん。
なんだか面白そうなので、ブログで紹介してもいいですか?」


B・L・O・G?

ブログ・・・日記日記のようなものです。えっと・・・栽培日記草とか」

穂穂(ほほ)ぉ〜稲稲。それは素晴らしいですね、
私が次から次へと困難に立ち向かい、異郷の地で繰り広げられる壮大な
バンザイ・・・」

続く…。

〈予告〉
故郷を思わせる(鯉鯉?)新たな地で
ついに“もみ市”が動き出す。走る

次回 “萌芽(ほうが) お楽しみに!
「玄米も発芽する事があるようですよ」ニヤリキラリ



 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM