ス参る北海道〜北海道博物館(森のちゃれんが)ご紹介

  • 2015.04.16 Thursday
  • 12:00

今回スマイルズがご紹介するのは
2015年4月18日(土)、北海道開拓記念館がリニューアルオープン
「北海道博物館」(愛称:森のちゃれんが)です!!
北海道百年記念事業の一つとして1971年に誕生以来、
北海道開拓で産み出された文化財を中心にたくさんの歴史資料を収集保存、調査研究し、
展示活動などを通して、北海道の歴史や先人の遺産を後世に伝える役割を果たしてきました。

今回のリニューアルでは、
ロゴマーク、愛称のモチーフとなった建物はそのままに、館内を一新キラキラ
バリアフリー対応車椅子にして広々とゆったり鑑賞できます。
また各テーマ毎に展示物を整理し、ジオラマ・映像設備テレビジョンを充実させ、
よりわかりやすく、より楽しみながら北海道北海道を知る事ができる施設に生まれ変わりました。


早速「北海道の自然・歴史・文化」を物語る5つのテーマをご紹介します。

「プロローグ〜北と南の出会い」


まず2体の大きな化石、「ナウマンゾウ」と「マンモスゾウ」が対を成してお出迎えぞうぞう
床には北海道を中心とした世界地図が描かれています。
「この化石、下からのぞく事ができるようになっているよ!」

「すごい迫力!!こんなところからでも見られるんだね!」

テーマ1「北海道120万年物語」
およそ120万年前から、開拓が始まった19世紀の終わり頃までの北海道と、
そこに生きた人々の歩みをたどるコーナーですジョギング

「貴重な化石や土器、洞窟の壁画なんかも展示されているね。」

「アイヌ民族と和人との関わりを知る資料やジオラマもいっぱい!」


テーマ2「アイヌ文化の世界」
アイヌ民族のくらし、道具、信仰、物語や歌など伝承されてきた文化、
さらに近現代を生きるアイヌのすがたにふれる事ができるコーナーです。


「アイヌの楽器にふれたり、復元した昔の家屋もみれるよ!」
「アイヌの物語をテーマにしたアニメもあるので、子どもたちにもわかりやすいね。」


テーマ3「北海道らしさの秘密」
自然の恵みを活かした名産品の数々、開拓のため道外から移住して来た人々が、
厳しい冬を少しでも快適に過ごすための工夫など、
さまざまな〈らしさ〉を、近現代の北海道のなかに探るコーナーです。


「当時、道外各地域から夢と希望を持って北海道に渡ってきた人々が、
     慣れない環境の中でも色々な工夫をして暮らしていたんだ。」

「各地域の様々な文化が交じり合って、北海道独自の文化が生まれる過程が
    良くわかるね。」



テーマ4「わたしたちの時代へ」
20世紀のはじまりから現代までの北海道のあゆみを知り、
北海道のいまを、そして未来をつくる手がかりを、いっしょに考えるコーナーです。


「北海道の発展を支えたトラクターや、レトロな車や電化製品がたくさん。」


「北海道の今までの歩みを知って、これからの事を考えてみよう。」


テーマ5「生き物たちの北海道」
ヒグマやエゾシカ、サケなど、生き物の視点で北海道の自然を見つめ、生き物どうしのつながりを知り、
ヒトと自然の関係について考えるコーナーです。
「今僕らがどこにいるかというと…。」
「じゃん!シャチソファの上でした!この他にもクマのソファもあるよクマ
「動物と人が上手に暮らせるように、考えてくれる人が少しでも増えてくれるとうれしいな。」

この他にも見どころ満載!!

★「クローズアップ展示」
新たに収集した資料や、資料の劣化を防ぐために
限られた期間しか展示できない貴重な資料も登場します。

★「はっけん広場」
お子様が直接見てふれて、自然の不思議や人の知恵など、
知らなかった何かを「発見」し、学ぶ事ができます。

★「図書室」
北海道博物館の展示内容、及び北海道の自然・歴史・文化に関連する図書、
雑誌、展示図録などが自由ご覧になれます。



お子様から大人まで、ご家族で楽しみながら北海道を学べる、
生まれ変わった「北海道博物館」へ、ぜひ訪れてみてくださいね!
北海道博物館
〒004-0006 札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
[TEL]011-898-0466/011-898-0456(総務部総括グループ) [FAX]011-898-2657    
[休館日]毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日)
[観覧時間]9:30〜17:00(5〜9月)/9:30〜16:30(10〜4月) ※入館は閉館の30分前まで
[公式HPアドレス]http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp


【スマイルズからお知らせ】


只今、スマイルズと一緒に北海道の魅力を発信してくれるキャラクターを大募集中!!
採用された方には「図書カード3,000円分」を進呈いたします。
募集要項など詳細についてはホームページをご覧ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

http://bodoni-inc.com/smiles.html#smile2

スマイルズアンケート

  • 2014.12.05 Friday
  • 16:05
いつもScene北海道をご愛顧賜りまして
誠にありがとうございます

北海道を元気に北海道の魅力を伝えたいという想いから
誕生した私達「Smiles(スマイルズ)

北海道の価値ある魅力
より多くの方へ、そして次世代へと遺していくために
みなさんが想う北海道の価値、素晴らしさをを教えて頂きたいと思い
スマイルズ アンケートを実施いたします。

道内の価値ある魅力、北海道を元気にするための活動
私たちSmilesが現地レポートをする「ス参る北海道」紹介して欲しい所など、
是非、北海道への想いをお聞かせください。

アンケートにご協力頂いた方には
もれなくお好きなスマイルズマグネットを 2個プレゼント!
みなさまのご協力、心よりお待ちしております。

↓↓↓↓↓詳しくはコチラからご覧いただけます。
http://bodoni-inc.com/data/smilesenquete.pdf



私たち「Smiles(スマイルズ)」の情報コチラからご覧いただけます。
http://www.bodoni-inc.com/chara.html 

スマイルズが北海道の価値ある魅力を現地レポート!Vol.6

  • 2014.10.31 Friday
  • 09:00


いつもScene北海道をご愛読いただきまして、ありがとうございます。
私たちは北海道を元気に、北海道の魅力を伝えたいという想いから
誕生した仲間たち「Smiles(スマイルズ)」です。

自然大好きカメラ
女子カメラ「ミルル」がご紹介するのは、
国営滝野すずらん丘陵公園で開催された「秋の写真講座」です。
10月19日(日)、秋晴れの撮影日和になりました。



 
とっても広くてわくわくしますね。
何度も訪れる人には、年間パスポートがとてもお得です!

 
入口ゲートで出会ったかわいい女の子と一緒に入場。

  
入場すると、花のオブジェと青空が出迎えてくれました。

 
では、写真講座の会場へ。
あっ!岸本先生こんにちは!
いつも元気な岸本先生は、「Scene北海道」を監修していただいている
北海道を代表するコマーシャルフォトグラファー。
そして、ネイチャーフォトグラファーです。
昨年から四季折々、滝野すずらん丘陵公園の写真講座を担当されています。
岸本先生、今日もよろしくお願いします。


会場はすでに満席。
初心者の方をはじめ、カメラ愛好家の方々が毎回たくさん参加されています。

あれれ?挨拶している人は…

編集長!
「Scene北海道」ご愛読の感謝の気持ちを、
我らが林編集長が熱〜く語っております。


 
岸本先生の講座が始まりました。テーマは「色づく秋の表現」
岸本先生自身の作品を例に、分かりやすく
さらにプロならではのテクニックを織り交ぜて解説してくれます。

 
参加者の方の質問にも丁寧に答えてくれますよ。
とても参考になりました。

さて、いよいよ外に出て撮影です。

 
皆さん真剣にレンズを向けていますね。
気持ちのよい陽射しが降り注ぎ、陰影がアクセントになっています。


岸本先生の説明にも熱がこもっています。
  
では、わたしも張り切って…パシャ、パシャ、パシャ。Docomo68
                           
 
あれれっ、夢中になりすぎて落ち葉に埋まってしまった…Docomo_kao19
小樽から参加されていた藤松さんに助けていただきました。
ありがとうございます。
  
わぁ。青空と鮮やかな紅のコントラストがきれい! パシャ、パシャ。Docomo68

 
あれれ、クラクラしちゃったよ… 悲しス。 コスモスの隣で、ちょっと一休み。

 
皆さん、まだまだ撮影に夢中です。よーし、わたしも負けないで、もっと撮影するよ…。

 ●

  
滝野すずらん丘陵公園はどこを切り取っても絵になる風景ばかりでした。
カメラ愛好家にとっても、四季を通して足を運びたい撮影スポットですね。


今回の「秋の写真講座」では、撮影された作品をご投稿いただき、
次号(Vol.11、新年号)にて
滝野すずらん丘陵公園の特集を組みます。
岸本先生の講評もありますよ。乞うご期待!



12月には滝野スノーワールド」が開園するのでまた来ようっと!

 ●


滝野すずらん丘陵公園
札幌市南区滝野247番地 TEL.011-592-3333

http://www.takinopark.com

滝野スノーワールド冬季開園
12月23日(火)〜3月31日(火)冬季入園無料
※別途、駐車料金がかかります。



 

ス参る北海道〜企業様訪問「北海道コカ・コーラボトリング札幌工場見学」vol.3

  • 2014.10.24 Friday
  • 00:00
今回いよいよ最終回。
前々回vol.1前回vol.2に引き続き「Smiles(スマイルズ)」「北海道コカ・コーラボトリング札幌工場」をご紹介します!

「それではエコ活動について学んだ後はお待ちかねの“製造ライン”です。
札幌工場では“缶ライン(コーヒー・お茶)”をご案内します。」

「フムフム、いろんな設備がいっぱいあるなぁ。」

「左に見える円形の機械は「フィラー」という設備です。」
「ここでいきなりミルルちゃんにクイズです!!」
Q.この缶フィラーで1分間にどれくらいの缶コーヒーが作られるでしょうか??





「う、うーん…ひゃっ、100本ぐらいかな…??」


「うふふ、正解はなんと1分に約1,300缶も作ることができるんです!」

「1分でそんなに!!すごい早さね!」

ここで中身が詰めれた後は決められた量がきちんと入っているかチェックされた後、
どんどん箱詰めされていきます。

「どんどん流れて来るね!」

「そして箱詰めされたものは…
この国内のコカ・コーラ工場では最大級の「大型立体自動倉庫」に格納されます。
この倉庫は高さ31m、棚の数は約2万もあって
ケースの積み替え、生産日と賞味期限を全て自動管理しているんです。」


「それにしてもすごい迫力!天井が見えないよ…(汗)」

「それじゃ、次はフームくんにクイズ!」
Q.この満杯になった「大型立体自動倉庫」にある飲み物。
そのほとんどが北海道で消費されますが
補充しなければどれぐらいの期間で全て無くなってしまうでしょうか?





「…フーム、半年ぐらいはかかるのかな?」

「フームくん残念!正解は約2週間で全て無くなってしまうんですよ」

「えぇーーーっ(汗)!これだけいっぱいあるのにっ!」
「それだけたくさんの人にコカ・コーラ製品が飲まれているのね。」

「そして毎日このトレーラーで北海道各地の拠点に運ばれてみなさんの元に届けられるのです。」



「こうしてコカ・コーラ製品はみんなの元に安心・安全に届けられるのね。」

「一通り工場を巡ったあとは“わくわくコミュニケーションルーム”に戻って
好きなコカ・コーラ製品を試飲しながらコカ・コーラの歴史がわかるDVDを鑑賞。」
 
「このコミュニケーションルームでは、Qoo(クー)と記念撮影ができたり、
「コカ・コーラクイズ」が貼ってあるのでチャレンジしてみて!」


「さらに記念品ももらっちゃった!」
「かわいいでしょ?」

「これで工場見学はおしまいです。またお友達や家族と一緒に来てくださいね!」

「とても楽しく勉強できました。」
「ありがとうございました!」

是非みなさんも実際にその目で見て触れて体感してください。
工場見学ならではの「臨場感」はもちろん、企業様の北海道への「想い」と、
安心・安全を届けようとする努力と工夫がきっと伝わりますよ!

北海道コカ・コーラボトリング
取材ご協力いただき誠にありがとうございました!!
 
この3回のレポートの中に
10/24発行「Scene北海道vol.10冬号」のP31・32“クイズ北の細道”の正解のヒントが隠されているよ!
正解者の中から抽選で「コカ・コーラ製品」がもらえるチャンス!
コカ・コーラを知ってクイズにチャレンジしてね!」

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
北海道コカ・コーラボトリング株式会社公式ホームページ
https://www.hokkaido.ccbc.co.jp/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スマイルズが北海道の価値ある魅力をレポート!Vol.5

  • 2014.10.22 Wednesday
  • 00:00


いつもScene北海道をご愛読いただきまして、ありがとうございます。
私たちは北海道を元気に、北海道の魅力を伝えたいという想いから
誕生した仲間たち「Smiles(スマイルズ)」です。

自然大好き、お祭りも大好きなカメラ女子
カメラ 私「ミルル」
今回ご紹介するのは、岩見沢「ふるさと百餅祭り」です。

今年で32回目を迎えるこのお祭りは、
岩見沢特産の「もち米」を使って、五穀豊穣と商売繁盛を祈り行われます。
9月15日の敬老の日にあやかり、「ひと口食べたら100歳まで長生きする」という
願いも込めて「百」という数にこだり「百餅」と名づけられたそうです。


9月13日、土曜日。3日間開催されるお祭りの初日に行って来ました。

 
お祭りが始まる前から会場の雰囲気はわくわく感でいっぱい。
スタッフの皆さんも楽しそうです。



和太鼓の壮大な音が青空に響いて、お祭りの開始!


百餅若衆も準備OK!           撮影:貝沼正雄さん

さて、
いよいよ、餅つきもはじまりました!
市民参加
の餅つきを先導するのは、百餅若衆という実行委員の方たち。
世界一の大臼と杵で一度につくもち米はなんと1俵(60kg)!
聞き耳を立てる
百餅若衆の音頭に合わせて、やぐらから張ったロープで杵を引き上げ、
およそ5mの高さから落とすスケールの大きい餅つきです。


 
左右からの引き手は約200名の一般の皆さん。飛び入り参加も自由!

 
                                                       ダイナミックです!                       撮影:谷内口雅さん

百餅若衆をはじめ、みんなの気持ちがひとつになって餅がつきあがる!迫力満点!
ついたお餅は、お汁粉にして見物のみなさんに振る舞われます。
もちろん、わたしもご馳走になりました。おいしかった〜。豚
100歳まで長生きできるかな?


                     撮影:貝沼正雄さん

別の会場では子供の餅つきも始まっていました。
将来の百餅若衆発見!

ということで岩見沢「ふるさと百餅祭り」満喫しました!
市民はもちろん、各地からもたくさんの人が参加して、
会場が一体となった迫力満点のお祭りでした!
拍手

今度はどこのお祭りにいこうかな。

………………………………………………………………………………
Scene北海道Vol.10冬号10月24日発行)
及び、Scene北海道ホームページにて
「ふるさと百餅祭りフォトコンテスト」入選作品
を発表しています。

たくさんの笑顔に出会えますよ。ぜひご覧ください。(ミルル)


●フォトコンテスト主催/岩見沢液化ガス株式会社

ス参る北海道〜企業様訪問「北海道コカ・コーラボトリング札幌工場見学」vol.2

  • 2014.10.17 Friday
  • 10:00
前回vol.1に引き続き「Smiles(スマイルズ)」
「北海道コカ・コーラボトリング 札幌工場」をご紹介します!

「“製造ライン”へ向かう通路でエコ活動についての展示物がたくさんあるね。
北海道コカ・コーラボトリング札幌工場では、地球にやさしい取り組みをしているんだね。」


「そのとおり!北海道コカ・コーラボトリングでは様々なエコ活動を行っています。
これから数あるエコ活動の代表的なものをご紹介します。」

 屮璽蹈┘潺奪轡腑鵞─彝萋亜岨餮擦離爛世皀璽蹇
※“ゼロエミッション”とは…
生産や廃棄、消費に伴って発生する廃棄物を「ゼロ」にすることを目的とする運動をいいます。

「この工場で出た廃棄物は“埋め立て”や“単純焼却処理”はしないで、全てをリサイクルする活動に取り組んでいます。」

葉コーヒー・茶かす → 肥料
葉紙類 → 再生紙・ダンボール
葉プラスチック類 → 再生プラスチック、固形燃料
葉金属類 → 再生金属
葉汚泥 → セメント原料・肥料
葉ガラス類 → ガラスびん
葉一般廃棄物 → 発電・暖房燃料

「フムフム!この工場からのゴミは“ほぼゼロ”というのがスゴイね!」

⇒憧錙淵撻奪肇椒肇襪筌好繊璽襦Ε▲襯澳漫砲侶變眠修脳併餮参宗
ガイド「特にコカ・コーラ製品「い・ろ・は・す(ILOHAS)」の容器には
植物由来の素材を一部使用した「プラントボトル™」を導入しています。
また、樹脂の使用量を40%も削減、しかも飲み終わった後はしぼりやすいので
ゴミの省スペース化も可能にしました。」

「家庭にも自然にやさしいなんて、いいことずくしネ!」


「ちなみにこれがペットボトルの材料になる樹脂らしいんだけど………、
   ここからどうやって作るかは、実際に来て見て確かめてね!」


Kかな水資源のために〜排水はキレイにして戻す
「札幌工場内には“ラグーン処理方式”と呼ばれる専用の排水処理施設があって、国の排水基準を遵守しています。
微生物が有機物を食べて“水”+“二酸化炭素”に分解(自己浄化サイクル)し、上澄みされたキレイな水を川に戻しています。」
「また、「水資源管理プロジェクト」のもと、水資源の保護を行う
Source Water Protection(ソース・ウォーター・プロテクション)」を推進しています。
札幌工場の水源である清田区白旗山の植樹活動にも取り組んでいます。」



「資源をムダにせず、自然を汚さない活動は植物たちにとってはもちろん、ワタシたち野生動物にも嬉しいね!」

「…というわけで今回はここまで。次回vol3(10/24公開予定)いよいよ「製造ライン」に突入!!
「どのように安心・安全な製品が作られて、みんなの元に届くのか」をご紹介します。次回もお楽しみに!」

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
北海道コカ・コーラボトリング株式会社公式ホームページ
https://www.hokkaido.ccbc.co.jp/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM